あがり症克服講座 > 65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

6万5千人以上ものあがり症を治してきたあがり克服法があります。

この教材は金井先生という、あがり症やスピーチに関する本を日本でも一番多く出版されているあがり症の専門家によって書かれたものです。

それがこの教材です:
65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

私も実際にこの教材を購入して読みました。あがり症を治す・・・などというと小手先の技術ばかりを記載された教材が多いですが、この教材は違う・・・というのが私の素直な感想です。

すべて紹介することは勿論できないのですが、私が実際に読んでみてここは大切だと思った点について少しだけ紹介しておきたいと思います。

第2章では、あがりの8つの種類と原因を知ることができるのですが、私が中でもとても印象に残ったのは14ページ(※ページ構成は変更になる場合もあります)に記載されていたあがりのメカニズムに関する話です。あがり症で悩んでいる人にとってこの考え方はかなり新鮮でないかと思います。それを知るだけでもかなり楽になると思います。

23ページでは大勢の人前で話す時にあがらずに済む方法についても解説されています。これは視線に関することですが、実践してみる価値はあると思います。

第3章からはあがりを防ぐための準備についての解説がいよいよはじまります。最初の準備についてはどのようにして準備をするべきか・・・その具体的な方法が書かれていますが、あがり症の方は恐らくやったことがないことばかりでしょう。

私も気づかなかった方法が数多く書かれていました。ファッションモデルもやっているという方法であがりの多くは撃退することができるのだそうです。簡単にできる方法なのですが、実践している人はほとんどいません。

第四章はいよいよ「65089人を救った究極のあがり克服法」。ここまでの話は対策が多かったのですが、ここからは「克服」するための方法が詳しく記述されています。

ここからはもう実践してもらいたいので、詳しくは書きませんが、あえていくつか挙げるなら、自宅でできるメンタルトレーニングは効果的だと思いました。これは何も大勢の前でスピーチをする場合だけでなく、緊張してあがってしまうような場面を克服するのに使える方法ですので、是非実践してもらいたいと思います。

それから実際にあがってしまった時にもすぐに落ち着きを取り戻せる2つの考え方についても解説されていましたが、これを知っておくと間違いなく今までと比べ物にならない位楽でいれます。

この章であがりを克服したら、次の章では話し上手になる方法についてが記載されています。今は勿論、話すことが楽しみになる・・・なんて想像もできないでしょう。でもそれでいいのだと思います。この部分はあがりを克服した自分へのプレゼントになるかも知れませんね。

もう一度まとめると、この教材は下記のような症状を治したい人におすすめします:

・人前に出ると同時に、頭の中が真っ白になってしまう
・人前に立つと足が震えて立っていられなくなる
・自分の体が思うように動かなくなる
・口の中が乾いてしまい口が思うように動かなくなる
・とにかく人前に出るのが怖い

そして、

・自分を取り戻したい
・あがり症に悩まされる自分を変えたい

という人に読んでほしい教材です。36年間で6万5千人以上のあがり症を克服してきた方法、是非実践してみてください。

65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法