あがり症克服講座 > 対策 > イチロー選手に学ぶあがり症対策

イチロー選手に学ぶあがり症対策

一流のスポーツ選手から学ぶあがり症対策は沢山あります。今回はその中の1つ、イチロー選手がやっていたあることについてご紹介します。

09年のWBC(ワールドベースボールクラシック)、日本は決勝に進み宿敵韓国との死闘を繰り広げました。延長10回の表、2アウトでランナー二塁、三塁の場面でイチロー選手の打順となりました。

この大会で思うような結果が出ず、「心が折れかけた」と言ったイチロー選手はこの大事な場面のことを後にこんな風に語っています。

「神が降りてきましたね、あの打席では。日本からの目がものすごいことになっているだろうと思って、自分の中で実況しながら打席に入っていました」
(イチロー選手)

イチロー選手はこの誰もが緊張してしまうような場面で自分自身の実況を頭の中でしていたというのです。

この自分自身を実況するというのはあがり症対策にも効果的だと思います。自分自身を実況するには自分を客観的にとらえなければなりません。客観的に自分をとらえることができれば、冷静にもなれるでしょう。