あがり症克服講座 > 場面別あがり症対策 > スピーチの時、人の視線が怖いと思ったら あがり症克服講座

スピーチの時、人の視線が怖いと思ったら あがり症克服講座

スピーチをするとき、発表をする時など大勢の人前で話をする時には人の視線が怖かったり、気になったりします。そのため、緊張してしまい、手や足、声が震えたりしてしまうこともあります。

人の視線が気になったときは、いっそ人の目を見ない方がいいのでしょうか?それとも、見たほうがいいのでしょうか?

緊張したときは人をかぼちゃの大群か何かだと思え、というアドバイスもよくありますが、視線に関してはアイコンタクトをとった方がいい場合とそうでないケースがあると思います。

アイコンタクトをとって視線の恐怖を克服するには

場合やその方のケースによっても違うと思いますが、アイコンタクトをとる場合は誰かをじっと見て話すだけでは変ですし、かといって視線が定まらない感じも緊張してしまうきっかけになってしまいます。

ですので、そういう時は目をあわす人を決めて、順番にアイコンタクトしてゆくという方法もあります。

まず目を合わせる人ですが、誰でもいいというわけではありません。やる気のないような人、怖い顔をしているような人とはアイコンタクトをする必要はないでしょう。そうではなくて、興味がありそうな人、やさしそうな顔をしている人、熱心に聴こうとしている人とアイコンタクトをとるようにします。

そして、自分の視線を移動させるきっかけですが、それはきりのいい所で移動させます。例えば、1つの文章が終わった時、段落が変わるような時・・・といった具合です。