あがり症克服講座 > 場面別あがり症対策 > 面接で緊張しないためには:目標の定め方

面接で緊張しないためには:目標の定め方

面接で緊張することは悪いことではないという記事を書きました。面接で緊張したところで、面接官には特殊な職種はのぞき、それほどマイナスには映りません。それよりもプラスに映る場合も多いのです。

しかし、それでも緊張したくないと考えた場合、どうすればいいのでしょうか?

まず、面接で緊張しないようにしよう・・・という考え方を変えてみます。緊張しないことを目標にすれば余計緊張してしまいます。緊張は不安からやってきます。「面接では緊張しないようにしよう」と考えても、では具体的にどうすればあがらないのかが分かりません。

それがさらに不安になり、緊張を呼びます。

ですから、面接で緊張しないための方法は、面接でしたいことを具体的な目標として立てること。例えば、「挨拶、御礼はきちんと言おう」とか、「自分がその会社にとって何ができるかをはっきりと伝えよう」といった感じです。

目標を具体的にイメージできるものに変えることで面接でもそれほど緊張しないようになると思います。