あがり症克服講座 > 克服するための考え方 > あがり症を治すために知っておきたいポジティブとネガティブな人の違い

あがり症を治すために: ポジティブとネガティブな人の違い

よくポジティブな人とかネガティブに考えてしまう人だとか言います。

あがり症を治すためには勿論、ポジティブに考えられるようになることが大切です。しかし、いきなりポジティブに何事も考えましょう、といわれたところであがり症を治すきっかけになるでしょうか?

そもそもポジティブに考えられないからこそ困っているわけですから。

ポジティブな人とネガティブな人の違い

では、ポジティブな人とネガティブな人の違いって何でしょうか?どうすれば、ポジティブに考え、あがり症を治すことができるのか?

その1つは考え方の違いだと思うんですね。あがり症の人は「あがってはいけない」と考えてしまうことが多いと思います。この「してはいけない」という部分を「してもいい」に変えてあげます。

あがってもいい。

そう考えるようにします。そして、あがり症を治すために、「あがってはいけない」と考えるのではなく、1つ目標を立ててその言葉を口に出してみたり、頭の中で繰り返してみます。

「緊張するのは嫌だな・・・」と考えるのではなく、「この経験は自分のためになる」「これでまた一歩成長できる」と考えるようにします。

そしてそれを口に出して言ってみます。そしてそこで、以前ご紹介したように「今回は声を大きくして話してみよう」といった風に具体的に何をやるのかを1つ決める。

その決めたことができたら大成功です。全部よくなくてもいいんです。1つ、あなたが決めたことができればそれで良し、です。