緊張しないための考え方:完璧などない

プレゼンや面接、人前でのスピーチ・・・など緊張してしまうような場面は沢山あります。そんな場面で緊張しないためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

緊張してしまう人の特徴の1つは、完璧を求めている・・・ということではないかと私は思っています。例えば、スピーチなどでは、とにかくミスがなく、上手に話すこと・・・というつかみ所のない目標を持ってしまい、結果的に完璧を求めてしまう。

そして、自分からプレッシャーをかけてしまうのです。

聴衆が考えていること?

完璧を求めてしまう人は相手の反応も気になることでしょう。自分が緊張していることが聴衆に伝わっているのではないか?声が震えているのが伝わっているのではないか?

・・・考えてしまえがきりがありません。しかし、自分はいくら緊張していたとしても、聴衆にとってみればそれほど緊張しているようには見えない場合の方が圧倒的に多いことも知っておきましょう。

相手は自分が思っているほど、自分のことを気にしてはいないということです。

ですから、完璧を求めるのではなく、具体的な目標を定めるようにします。全てがうまくゆかなくてもいいのです。それよりも自分の目標に集中しましょう。