あがり症克服講座 > 克服するための考え方 > 自分と人を比較して緊張してしまう、あがってしまう時

自分と人を比較して緊張してしまう、あがってしまう時

例えば、何かのプレゼンテーションだったり、結婚式のスピーチであったり・・・どんなケースであれ、あなた以外に話をする人がいたとします。

あなたの前の人が素晴らしい内容のスピーチをしたとしましょう。

それを聴いたあなたは緊張してしまうかも知れません。心の中で、「どうしよう。あんなにいいスピーチはできない。」と思ってしまうからです。つまり人と自分とを比較してしまっているのですね。

人と比較することをやめる

そうやって人と自分とを比較しても益々緊張するだけで何も良いことはありません。緊張する、またはあがり症の原因の1つは人の評価を気にする考え方・・・でしたね。

人と自分を比較することも同じように評価を気にしていることになりますから、緊張したり、あがったりしてしまうのです。

それよりも、「人と自分は違っていて当たり前」と考えましょう。この人よりももっと良いスピーチを・・・と考えるより、もっと具体的な目標を持ちましょう。声を大きくして話す、アイコンタクトをする、ゼスチャーを使う・・・など、あなたなりの目標をたて、それに向かってゆけばよいのです。