あがり症克服講座 > 基礎知識 > 社会不安障害とあがり症

社会不安障害とあがり症

あがり症は社会不安障害(SAD)の1つなのでしょうか?

人前で話しをしたり、注目を浴びてしまうことに不安を感じ、それがやがて苦痛となり、身体症状が出たり、日常の生活に支障をきたすことを社会不安障害(SAD)といいます。

あがり症はこの社会不安障害であるという考え方を示す専門家もいます。しかし、全てのあがり症の人が社会不安障害を抱えているかというとそれも違います。

全てのあがり症がSADではない

あがり症のあがりは通常、誰にでも起こる現象です。

ただし、そのあがりの具合も人によってちがいます。あがり症の中でも強い不安や苦痛を感じ、それが日常生活に支障をきたすレベルになると社会不安障害といえるのかも知れません。

もし日常生活に支障をきたしているとか、強い不安や恐怖を覚えるという方はまず一度心療内科等の病院で専門家に診てもらうことをおすすめします。

しかしながら、あがり症は病院で診てもらわなくても治るケースも沢山あります。全ての人が薬による治療など必要なわけではありません。

あがり症が悪化した状態が社会不安障害と考えてもいいと思いますが、その前の段階できちんとした知識を身につけて、あがり症を克服することも可能なのです。